MENU

講師紹介

副理事長 今木康彦(いまきやすひこ)

鳥取大学農学部獣医学科卒業
日本福祉大学社会福祉学部第二部卒業

[資格]
  • 獣医師
  • 社会福祉士
  • 専修学校専門課程商業実務教員能力認定
[現職業]
  • human support animal assisted 代表
  • 今木ペットケアクリニック 院長
  • 学校法人高橋学園エス・ワン動物専門学校嘱託社員
  • 学校法人北海道安達学園専門学校札幌スクールオブビジネス非常勤講師
[研究テーマ]
「動物介在介入の実践と研究 ~事業化に向けて~」
動物介在介入とは、動物介在活動、動物介在療法、動物介在教育等の総称であり、日本では造語として「アニマル・セラピー」と呼ばれている。国内で実施されている動物介在介入は、ボランティア活動つまり動物介在活動を中心としたのが多い。
動物介在介入をさらに普及するためには、事業ベースに乗せていくことが求められる。この事業化を進めるための準備、進行中である。
「動物介在介入コーディネーターおよびセラピストの人材育成」
動物介在介入の事業化にむけて、人のことも動物のことも両方を理解できるコーディネーターおよびセラピストの存在が必要となる。この人材養成研修プログラムとして、初心者を対象とした1クール2年のプログラムを学会で発表をした。これに加え、中級者、上級者育成プログラムを構築中である。
「動物を介在させた様々なプログラムの提案」
動物を介在させたコミュニケーション研修プログラムやリハビリテーションプログラムなど様々なプログラムを提案していく。
[研究業績]
  • 発表演題「在宅場面における犬のアニマル・アシステッド・セラピーの可能性
    -その効果について-」
    平成15年度北海道獣医師大会地区学会,2003.9
  • ケースカンファレンス発表「日本型アニマル・セラピスト養成研修プログラム
    -4年間の施設訪問からみえてきたこと-」
    第8回日本臨床獣医学フォーラム年次大会2006,2006.9
  • 『介護スタッフを自らやる気にさせる!のばす!』
    日総研出版(担当執筆 共著),2008.3
  • ポスターセッション「アニマル・セラピーにおけるクライアントとセラピー犬のマッチングシステムの開発
    -セラピー犬の定義-」
    第11回日本臨床獣医学フォーラム年次大会2009,2009.9
  • 発表演題「動物介在介入におけるクライアントと介在犬のマッチングシステムの開発
    -介在犬の定義について-」
    平成23年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(北海道),2012.2>
  • 連載「ペットのしつけとアニマル・セラピー」
    農業共済新聞,2005.4~2006.3 11回 (月刊発行)
  • 連載「犬と一緒の豊かな暮らし」
    農業共済新聞,2006.4~2007.3 10回 (月刊発行)
[社会活動]
  • 特定非営利活動法人 北海道障がい者乗馬センター 理事
  • 特定非営利活動法人 生物医科学研究所 会員

副理事長 中村邦洋(なかむらくにひろ)

道都大学社会福祉学部卒業
北海道医療大学大学院看護福祉学研究科臨床福祉学専攻 修士課程在学中

[資格]
  • 社会福祉士
  • 介護支援専門員
[現職業]
  • 有限会社諫早ケア・サービス 統括
[研究テーマ]
「在宅医療における医療サービスの利用満足度に関する研究」
医療サービスを利用している利用者はどのようなサービスに満足感を感じる事ができるのか、さらに満足のいくサービスを選ぶ決め手は何か等の研究を行う。
「在宅医療における医療ソーシャルワーカーの役割について」
在宅医療における医療ソーシャルワーカーが果たしている役割の現状把握と連携のあり方について考察する。

事務局長 池田ひろみ(いけだひろみ)

日本福祉大学社会福祉学部卒業

[資格]
  • 介護福祉士
  • ガイドヘルパー(全身性障がい者移動介護従業者・視覚障害者移動介護従業者)
[現職業]
  • 株式会社ステア代表取締役社長
  • 生活支援センターステア所長
  • 合同会社自然と発達代表社員
  • 児童発達支援・放課後等デイサービスサンシャインキッズ所長
  • 特定非営利活動法人北海道総合支援センター事務局長
  • 福祉系専門学校等非常勤講師
[研究テーマ]
「人の本来の動きに沿って無理のない介護をするために必要な介護技術~キネステティクス理論の日本人への応用~」
「介護を受ける人」も「介護をする人」も身体に負担のかかりにくい介護の方法を研究し、介護職のスキルアップを達成することで、要介護者の自立を支援する。
「介護福祉学」
介護理論の具現化、介護における根拠の定時により、経験主義からの脱却を目指す。介護職のスキルアップのための学習プログラムを構築する。
「傾聴 ~身近な人への傾聴、特に家族間の傾聴~」
家庭・学校・職場・ご近所等生活の場を居心地良くするために必要なコミュニケーションについて、すぐに役立つ方法論を考察する。特に、一番身近な存在である家族との関係で自己実現し、自己肯定感を養うための方策を提案する。
「ボランティア論」
一人ひとりの一般市民が、個人・集団・社会レベルにおいて今よりもっともっと幸せになることを目指して自分にできることを考え行動するために、エンパワメント(寄り添い、応援し、やる気を引き出し、自己実現を促す)する。
[研究業績]
  • 「ホームヘルプサービスにおける家事援助業務の実態分析」
    高齢者問題研究№18(共著),2002
  • 「要支援高齢者のホームヘルプサービス利用実態と生活要求」
    高齢者問題研究№19(共著),2003
  • 『利用者が安心できる介護技術』「季刊高齢者けあ」
    日総研出版,2004№2
  • 『スパヘルパーの言葉遣い用例集』
    北海道総合支援センター(共著、監修),2005.5
  • 『入浴支援員養成研修テキスト』
    北海道総合支援センター(共著),2005.6
  • 『介護スタッフを自らやる気にさせる!のばす!』
    日総研出版(担当執筆 共著),2008.3
  • 『2007年度介護福祉士全国統一模擬試験(基礎編)』および『同解説』
    中央法規出版(共著)
  • 『2007年度介護福祉士全国統一模擬試験(実力編)』および『同解説』
    中央法規出版(共著)
  • 『2008年度介護福祉士全国統一模擬試験(基礎編)』および『同解説』
    中央法規出版(共著)
  • 『2008年度介護福祉士全国統一模擬試験(実力編)』および『同解説』
    中央法規出版(共著)
  • 『2009年度介護福祉士全国統一模擬試験(基礎編)』および『同解説』
    中央法規出版(共著)
  • 『2009年度介護福祉士全国統一模擬試験(実力編)』および『同解説』
    中央法規出版(共著)
  • 『2010年度介護福祉士全国統一模擬試験(基礎編)』および『同解説』
    中央法規出版(共著)
  • 『2010年度介護福祉士全国統一模擬試験(実力編)』および『同解説』
    中央法規出版(共著)
  • 『介護福祉士国家試験模擬問題集2012』
    中央法規出版(共著),2011.7
  • 『介護福祉士国家試験模擬問題集2013』
    中央法規出版(共著),2012.7
  • 『介護福祉士国家試験模擬問題集2014』
    中央法規出版(共著),2013.7
  • 『介護福祉士国家試験模擬問題集2015』
    中央法規出版(共著),2014.7
  • 『介護福祉士国家試験模擬問題集2016』
    中央法規出版(共著),2015.7
  • 『介護福祉士国家試験模擬問題集2017』
    中央法規出版(共著),2016.7
  • 『介護福祉士国家試験模擬問題集2018』
    中央法規出版(共著),2017.6
  • 『傾聴の手引き』
    北海道総合福祉研究センター出版部,2009.11
  • 『傾聴の手引き 4 』
    北海道総合福祉研究センター出版部, 2012.11
  • 『傾聴の手引き 5 』
    北海道総合福祉研究センター出版部, 2013.10
  • 『特集2あなたの生活援助は適切ですか?「掃除」「洗濯」「調理」の常識と自立支援の具体策 洗濯』「隔月刊誌訪問介護サービス」
    日総研出版,2013.3・4月号
  • 『特集2モチベーションが高まる!効果的なホームヘルパー研修の具体策 理解度を把握し、ホームヘルパーのレベルアップにつなげる工夫』「隔月刊誌訪問介護サービス」
    日総研出版,2015.3・4月号
  • 『特集介護スキルの「見える化」&「標準化」でスタッフの自己流ケアを予防する! 記事2管理職に求められる「自己流ケア」への対応』「隔月刊誌介護チームマネジメント」
    日総研出版,2017.9・10月号
[社会活動]
  • 札幌市社会福祉審議会委員
  • コミュニティFMさっぽろ村ラジオパーソナリティ
  • 民間保育所第三者評価委員

このページのトップへ